クラウドを利用する

インターネット経由で保存

写真を残す場合、クラウドを使用するという選択肢もあります。写真を手元に置いておくのではなく、インターネットを通じて、遠く離れたサーバーに保存する形です。基本的には、数多くあるクラウドサービスの中からひとつを選び、専用のアカウントを作ると、写真を保存できるようになります。

クラウドサービスの中には、無料で利用できるものも少なくありません。有料のものの方がより多くの写真を残すことができますが、残す写真がそこまで多くなければ、無料のサービスでも対応できる可能性があります。また、有料のサービスでも、容量に応じた複数の料金プランが用意されていることが多いです。そのため、保存したい写真の枚数に合ったプランを選ぶことで、コストが安くなりやすいというのが強みです。

複数の端末から同時にアクセスできる

クラウドの大きなメリットとしては、パソコンやスマートフォンなど、複数の端末から手軽にアクセスできる点も挙げられます。そして、複数のアカウントを登録しておいて、同じ写真をやりとりできることも少なくありません。したがって、遠く離れた人同士が、それぞれ残したい写真をクラウドに送るということが可能です。HDDやフラッシュメモリであれば、使用する人の手元になければなりません。さらに、同じタイミングで2台以上の端末と接続するのは不可能です。複数の端末から同じタイミングで使用できるのは、クラウドの特権です。

さらに、クラウドでは、写真が保存されるのは、サービス側が保有しているサーバーです。そのため、HDDやフラッシュメモリのように、手元に記録媒体を残さずに済むというメリットもあります。記録媒体が故障しないように、保管しておく場所に気を遣わなければならないということもありません。