光ディスクを作成する

光ディスクに写真データを移動しよう

大量の写真データを安い費用でバックアップしたいときは、光ディスクの利用をおすすめします。大容量のデータを収納できるDVDやブルーレイディスクも一枚100円程度で売られているので、かなり安く写真を残せるでしょう。ただ、光ディスクが利用できるかは持っているパソコンのスペックによって異なります。光ディスクを読み取れるドライブが搭載されている場合は、バックアップが行える可能性がとても高いです。CDやDVD、そしてブルーレイへの書き込み機能が用意されていないかチェックしてみましょう。そして、対応ドライブがあるときは、光ディスクへの書き込みソフトがインストールされているケースがほとんどです。ソフトのマニュアルを見れば書き込む方法が載っているので、参考にして光ディスクに写真データを焼きましょう。

光ディスクへのバックアップは定期的に行うこと

DVDでもブルーレイディスクでも、寿命があるのでバックアップを作成するときは気をつけなければいけません。数年経ってからパソコンなどの機器に読み込ませようとしても、劣化のために読み取り不可能になっているケースもあるのです(安値で販売されている光ディスクは劣化しやすい)。そのため、光ディスクにバックアップを取るのならば、数年おきにやり直すことをおすすめします。やり直しの方法はとても簡単で、まずは光ディスクの内容をパソコンに移動します。その後は移動したデータを改めて新品のものに焼くだけです。まだまだ読み込める古い光ディスクも保管しておけば、バックアップが二つできた状態になるのでより安心して写真を残せるでしょう。